ゼネコン再生の信念とポリシーとは

ゼネコンの中で、経営危機というような状態になってしまった場合、どのような手段で対処をすればいいのでしょうか。

法的整理という形で対処する場合がありますが、これにはリスクが伴ってしまいます。

つまり、信用不安に至る可能性がありますので、金融機関から債権放棄による私的整理という形にする企業も観られます。

その中で用いられる方法にDESというものがあり、これは借入金を株式に変換するという手法のことです。

債権者にしてみれば、もしこれから再び業績が復活するようなことがあれば、そこでの配当金を受け取ることができるようになります。

また、その株式を売却することで利益を得ることができるというメリットがあります。

私的整理に関して用いられるガイドラインについては、2001年に制定されました。

これを使って再生を行っていくことで、状況に合わせて債権者との権利の調整を行うことができます。

もし、その企業が単体の債権者だけではなく、複数の債権者に対して債務を大規模に抱えている場合でも、これは有効に使えます。

企業再生の一つの方法として、会社分割制度というものが2000年に作られました。

これは、企業を再生させるための方法の一つとして、採算が取れる部門だけを残して、それ以外を分割してしまうという方法になります。

採算の取れない部門を新しい会社に引き継ぐ方法と、既存の会社に引き継ぐ方法とがあります。

採算を取ることができない部門を会社から分割してしまうことで、企業を管理しやすくできるメリットがあります。