建設業界構造や仕組み

建設業界においては、多重下請という仕組みが存在しています。

発注者から直接注文を受けることになった場合、それを受けた業者は元請け業者と呼ばれます。

この元請け業者は、受注した工事を完結させるために、それぞれ専門業者に対してまた仕事を発注していきます。

例えば鉄筋工事や通信工事など、それぞれの専門業者に対して発注していきます。

この元請け企業から受注をした企業のことを1次下請けと呼びます。

これは工事の規模によってどこまで発注が及ぶかは変わってきますが、規模が大きければ5次下請けにまで拡大をすることもあります。

大手ゼネコンにおいては、協力会という形で下請けの業者も包括しようとしていましたが、今ではそれまでのような結束力はなくなってきているようです。

元請けである業者は、スケジュールの管理や資材調達などの様々な仕事をする必要が生まれてきます。

そして、すべての工事代金が支払われる期日である工事完了までのうちに、下請けの業者に対してどのようにして資金を渡すかという仕事もあります。

掲示板熱業界では、一括請負方式というものがあり、これは発注した工事のすべてがゼネコンに一任されるというものです。

これが理由で、発注をした側には実際にどのくらい工事にコストがかかっているのかが不透明な状態だったのです。

ですが、バブルが崩壊して以降は、発注する側の意識も変わってきたようで、実際にどのくらいのコストがかかっているのかを気にするようになってきたようですね。

ゼネコンで汚職事件が多発することなどから、不信感が高まってきていることもそういった流れを後押しするきっかけになったといえるでしょう。