経済の成長と関係の深いゼネコン業界

建設業界はそこに内包される企業の数が膨大であることもあり、当然ながらその中で働いている人の数もかなりの数に上ります。

そして、国内総生産に対してどのくらいの割合を占めているかということなどを考えると、日本経済に対して非常に大きな影響力を持っている業界であるといえるでしょう。

さらに建設業単体ではなく、そこに付加される建設資材、たとえば鉄だったりセメントなどの買い付けを行う会社もあります。

そして、その資材を運搬することを仕事とする会社もありますので、その規模は非常に大きなものであるといえるでしょう。
融資するという形で、金融機関もまた建設業界とかかわりを持っていることは間違いありません。

しかし、これだけの規模を持つ建設業界であっても、今の事情は思わしいとはいえません。

デフレが長く続いていることや、規模が縮小していくばかりの公共投資などの影響があるため、とても厳しい状況になっているのです。

建設不況によって影響を受けてしまう企業は、実は非常に多いということがわかるかと思います。

建設業界の悪い噂として、官僚や政治家とかかわりがある、談合体質などといわれますが、この先も生き残っていくための努力が模索されています。

ゼネコンについて知っておくことで、日本経済のあり方もわかってくるかもしれません。